退屈人生の野放図生活

退屈人生の野放図生活

少なくとも一年はフリーターを続けることにしたので(2年目)、暇な日常に少しでも刺激を、と色々な暇つぶしを記録します。日記、やってみたこと、計画等々。

ひどい夢を見させられた

夜中に寝て、昼間に起き、夕方出勤、帰ってきて飯食って夜更かし

のループという退廃的な生活を続けている俺です。

ところでさっき起きました。ひどい夢を見た…(笑)←昼間13時に書いた内容でしたが公開し忘れていました

というのも、怖い夢とか恐ろしい夢などではなく。

なんというかこの、ズーンっていう感じの夢。

それじゃ書いていこう。。。。。

 

--------------------------------------------------------------------------------------

舞台は自宅(もちろん地元)。家の四角い食卓で家族二人ずつ向かい合って座り、

家族4人で一家団欒で夕飯を食べてる。だけどなぜかあと数分のうちにすべて食べて

きれいに後片付けまでしないといけないらしい。なぜかというと、数分後にこの家に

お金持ちの貴族のような客が来るらしいから。その客はかなりのきれい好きらしく

テーブルの汚れや台所の汚れもすごい気にする厳しい人らしい。

.なので俺は急いでご飯を済ませ自分の食器を洗った。

家族の中で食べ終わるのが自分は最後だった。

ちなみに客を向かい入れるときは俺と兄(ちなみに家族構成は父親、母親、兄、自分です。)

は対面しないらしく。両親のみがその客をおもてなすらしい。

そしてそろそろ客が来るような話になったとき、俺は

「じゃあそろそろ出るわ」的な事を言って、現実世界でよく着る

パーカーや上着、それとパジャマをリュックに詰め始めた。

(このとき心の中では、荷物が多いなあリュックパンパンになるけど結局車にのせるしいいか…的な事を考えていた。)

そしてその直後に「そろそろ出るわ」の意味が判明する。

なんと俺は、夢の中では一人暮らしをしているらしい。しかも茨城笑(現実世界での兄の引っ越し先である)

それで茨城の自宅に帰る準備をしていたらしい(笑)それで家を出る際に話をしたんだけど‥‥

その内容が「あのダメ人生を送ってた俺が、今は家をでて自分の力で一人暮らししてるなんて…信じられないよ。家を借りて、家具を運んで、家事をできてる。ここまでしっかりできるようになったことに、自分でも感動する泣」とか、「あれ俺、引っ越したの先月の6日だよね?バイトとかってちゃんと通ってたのか…実感ないわ…(なんとこの夢の世界ではバイト先は今と変わらず、出勤するたびに茨城から千葉まで通っていたらしいwwwwしかも一時間で間に合うと思っているらしいwwwはぁ)」

………………………………………………………………………………

と、ここで目が覚める。感動している前者の話の最中では、なぜか俺が最初に

引っ越してきたときのビジョンが頭に浮かんでいた。ダッフルを着て、

アパートの駐車場に車をバックで駐車して……

でも目が覚めた瞬間、一瞬で気づく。これは夢だ…

何故かまた退廃的な生活に後戻りされた感じがして、

布団から体を起こした瞬間に現実をたたきつけられる。

「あぁ、いつもの糞人生だ……」さすがに状況やテンションの落差が激しすぎて、自分でもびっくりして、つい記事にしてしまった笑

しかも夢の中では親に今度帰ってきたら土産話聞かせてね、とか

一層むなしい気持ちにさせる話すらしていた…

 

というわけで(笑)以上、俺が俺にひどい夢を見せられた話でした。俺ついに頭おかしくなったかな…