退屈人生の野放図生活

退屈人生の野放図生活

高卒就活で2社であきらめたボッチフリーター(2年目)のマツロ??

備忘録くるま塗装編

くるまの塗装の際に必須となってくる耐水ペーパー。必要なものを買って集めたけど、

どういうときに使うのだか時々めちゃくちゃになるので備忘録を書いておく。

 

耐水ペーパー

#150 エアロのクリアや上塗り塗装はがしに使用

#400 うす付けパテの後表面を馴らす際に使用

#600 プラサフ前の足付けとして使用
#800 ヘッドライトのメッキはがしに使用
#1000 プラサフ後カラー前の足付けに使用 or ヘッドライト研磨の際に使用
#1500 ヘッドライト研磨の際に使用
#2000 上に同じ

 

ライブ参戦についてかんがえる

ライブ参戦。(ライクアロキノンチュウ笑)

千葉県に住む自分からすると、東京で行われるライブに気軽に参戦できるわけでそれはつまりどういうことかというと、ツアーファイナルやワンマンに設定されやすい東京にすぐ赴けるっていう気軽さ。

でも移動手段で毎回悩むことがあって、今も悩む。それぞれの長所短所、などを書いていこう。個人的な理由は俺を加える。日帰りを前提とする。

・マイカー移動

 メリット:運転が楽しい。(俺)電車より乗り換える必要がないし、なにより移動の最中盗難の恐れもない。荷物は多めに持っていける。高速料金だけなら電車より安い場合がある。一人の時間を狭い空間で楽しみたい人が苦じゃない人はオススメ。

デメリット:日帰りを前提とするとお酒が飲めない。東京の土地柄にもよるんだけど、都市部は大体駐車料金が高い。空いてない。高速料金に加えてガソリン代と駐車料金も入れて概算すると電車より圧倒的に高い。車両盗難の恐れ。夏は暑い。1D制で酒が飲めない。これはでかい短所。

・電車移動

 メリット:お酒が飲める。総合すると車より安い。

デメリット:手荷物を制限される。乗り換えがしんどい。迷う場合がある。(俺)帰りの時間が制限されてしまうため、最後の最後までライブ会場に居れない。そのこともあって下手したら物販参加も厳しいカモ。人混み。

・高速バス移動

 メリット:お酒が飲める。乗り心地がよろしい。

デメリット:電車よりは遅くまであるが、やはり時間は制限されてしまう。電車より本数や停留所が少ないため、降りれる場所が電車より制限されてしまう。若干運賃が高い。

・歩き

 メリット:お酒が飲める。ダイエット。お金がかからない。

デメリット:疲労で死ぬ。時間がかかりすぎる。どうしてもお金をかけない(泊まりたくない)人は野宿不可避

・自転車

 メリット:ダイエット。楽しい。お酒が飲める(??)

デメリット:トラブルが多そう。(偏見)にじみ出る大量の汗。

 

以上です

日帰りを前提とするならばベスト(ライブ最後まで居れてお酒も飲める)な方法は高速バスの気がしますが、バンドのライブが終わる時間にもよるのでなんとも言えないですね。

宿泊前提で向かうなら何でもいいと思います。ただしマイカーの場合、ライブ前事前に駐車場所を決めておいて、宿泊場所も決めておかなければならない。お金さえあればホテルや宿もあり。車中泊すればその心配はなくなる。

備忘録でした

びぼうろくくるま やりたい

まぁ ここに書くことじゃぁないんですけどね

f:id:unibirth1:20180417023306j:plain

最近はほかの車種のパーツを流用したりして 外装もかなりまとまってきた次第でございますが まだまだ変えたいところがあるのでございますので 備忘録程度のちょっこし

 

ジャンルごとに優先位順で上から書いていきます

・外装 純オプメッシュグリル(ボディ同色)

    ZC71 オプションリップ(カナード)

    ビーフリー エアロミラー

    モンスター エアロボンネット(カーボン)

    HT51S RS 純正ウイング

・吸排気 UEJIMA エアクリーナー

    エアクリのダクト引き+アルミ板遮熱版

    Ksファクトリー 直管

    SP-X中間パイプ

・内装 ナニワヤ フルバケットシートSP-Gタイプ

    エアバッグにステッカーをペタリ

・足回り・補強

    ラルグス フルタップ式サス or ビークルーズ アーネストダンp

    調整式ラテラルロッド

    パフォーマンスメンバー スズスポ

    強化スタビライザー クスコ

    タワーバー スズスポ

・その他

    プラグカバー塗装

 

以上でごじゃります まぁまぁ お金さえあればすぐできるんですけどね

    

    

ちょっとかなしい

ふるーい商店街へいとこのたを追いかけて入ってしまった俺

見つけたものの祖母のお友達に会う

これをもってうちの店の2階に行ってみよと

すごい形の杖を渡される

持ちながら二階へ

でもその杖の意味がわからなくておわる

何だか悲しい夢

5日やりたい

ビートボックスでいつかやりたい

Mom 気になるあの子

webnokusoyaro 2053-3691-4241

今後についてかんがえる

眠れないのでこんな記事を。

本日、バイト先の店長とこんな話をした。

「恥ずかしくて言えないのですが、

俺にはとある一つの夢があって、

その夢への小さな第一歩として、

まずは親の経営する会社で正社員に

なろうと思います。」

それは偶然のことだった。売り場の商品を

補充している最中パッと急に思いついたことで、

そこまで深く考えずに口にしたことである。

もちろん発言に責任は感じているし、発言した以上

実行しなければならない。それどころか、

後戻りできなくするために他人に発言したのかもしれない。

無意識に。まぁそこについてはよくわからないのだが、

とにかく決めたことだ。といっても夢自体その場で思いついたことではない。

前から構想は練っていた。今後の人生について。

無理かもしれない、でもやればできるんだ。ある意味、自由である以上。

その夢のため、1年は貯金と知識をつけなければならない。もしかしたら

2年かかるかもしれない。その間のつなぎとして、親の会社で

働くことを選んだのだ。バイトしたままでも構わない、でも

これではダメだと思った。なにより親の会社を選んだ一番の決め手は、

フリーターを脱却できること。規則正しい決められた生活を送れること。

そして、バイト先の状況に合わせて融通が効く。せめてこの日までは

働いてほしい、という日まで働ける。

就職することの意味で給料なんて二の次だ。

俺は1から考え直した。社会保険や、今の自分の立場、身の回りの

自分と同じ世代の若者、世間体。いろいろ考えた。

変えなきゃいけない、そう思った。今のバイト先は

働き始めて早2年経つので、もはや寂しさだってある。

情なんて1年を越した時点で湧いている。そこにいることに苦はない。

むしろ、楽しい。やりがいを感じる。こんなことを言った以上、

軽い言動は許されない。その話をして家に帰り、親に直ぐ話した。

了解は得た。あとは伝えるだけだ。4月いっぱい。あと5月ちょっと。

それだけの期間バイトを続けることが決まった。夢までは遠い。とても遠い。

実際近づくわけではないのだけど、4月に物理的にその夢に近づく。

すぐ離れてしまうんだけど、すごく実感すると思う。壁の高さ、

重み、難易度の高さ。でもそれに伴ってやる気も出てくると思う。

俺は昨日車のパーツ取り付けを自分で調べて取り付けて失敗したけど

解決して成功して、こんなことを思った。やっぱり自分次第だ。

自分がどう動くかで結果がかわる。動かにゃかわらん。当たり前だ。

挑戦することが簡単であろうが難しくあろうが、そんなの関係ない。

挑戦する、失敗する、また挑戦する、成功する。この達成感には

他に比較することのできない喜びがある。その先に何があるかはわからない。

夢をかなえたところでさらに先の夢を見据えているので成功するかもわからない。

不安だってある。でもそんな不安も乗り越えていかなきゃ大人にはなれないし、

1人前とは言えない。人の発言には力がある。人を動かし、自分も動かすそんな

強い力がある。どうにだってある。時間はたっぷりある。

バイト先の店長は本当にさみしがって残念がっていたけど、俺だって少し切ない。

楽しかったしたくさんいい経験をさせてもらった。後輩に仕事を教える難しさや

たくさんものを売るための知識に工夫、なんにもなかったような

一般人からしたらクソみたいな空白の2年間に見えるかもしれないけど

ちっちゃいけどいろいろなことに気づかされた。コミュ障だって少し改善した。

自分でも実感している。そんな空間、環境、人たちと別れなきゃいけない。

これはすごいさみしくてせつなくてかなしいことだ。でもやっぱり変えなきゃいけない。

現状維持は逃げ、そんなことを身内のだれかが言っていた。まさにそうかもしれない。

今のままでも生きていけるんだけど、絶対あとから後悔する。そう思った夜だった。

 

そして一人になることについて。すごく不安だ。先輩に感化されて好きなことの

知識を深めたこともある。でもそれは連絡の取り方次第でなんとかなるだろう。

誰しも物理的に離れてしまってもいつでも連絡は取りあえる。日程さえ合えば、

なんとかなるものだ。

 

5月に、正社員として働くことが決まりました。今までのアルバイト生活、まあまあ有意義な時間をすごせました。よろしくお願いします。

                  以上

 

【教訓】どうやらウェットな路面のコーナーでイキった奴がいるらしい

2018年3月8日、木曜日。

時刻は午前5時を回っていた。

寝れないからと車に乗り込み、

二つ隣町へと出掛けてわざわざ遠回りをして

帰ってきた帰りのことだった。

人がいないのと深夜なのも相まって

調子に乗ってスピードを出して走っていた。

天気は雨。路面は完全ウェット。ウェット中のウェット、

これまでにないくらい路面がぬれていた。

雨は強くないものの、弱い雨が長い間

つづいたせいで路面は完全に濡れていた。

遠回りをした挙句、一番最後に通る帰り道は

いつも通勤で通りなれてる軽い峠道のような道。

そして峠にありがちな、ゆるやかで大きく、

急に幅の広くなるコーナー。山の中で白線もなく、

センターをかなり割り込み気味で走ってた俺は

雨であるということはまったく頭に入れず思いついた。

思いついてしまったのだ。10kmほどの遠回りの道のり、

細い道もストレートとコーナーの出口は早く、

コーナーの最中はブレーキングで減速して曲がる

そうやって運転を楽しんで気分が高まった俺は

とんでもないことを思いついてしまった。

「FFドリフトしてみよう」知識はほぼ皆無だった。

シビックによるFドリをユーチューブで少し閲覧しただけ、

「ハンドルコジってアクセル踏んだままサイド引けば滑れるかな?」

バカだった。公道でやるものじゃない、なんてアホなんだ。

大きなコーナーに少し逆走気味にかかった時、

ぎりぎりでハンドルをコジった。そのままアクセルを踏んでいれば

よかった物の、アクセルを開けたままサイドを引いたのだ。

しかも強く。下げなかった。ハンドルもそのまま左に切っている。

 

スピンした。当たり前だ。時速は60km。

結構なスピードで急ハンドル、そして後輪をロックさせれば

リアのグリップがなくなって左側へ急に流れるのは当たり前だ。

なんてったって無意識にサイドターンの操作をしていた。

リアだけ滑らせるだけで良いのに。

バカだった。道がひろいおかげで助かった。

スピンした後、俺はとっさにブレーキを踏み続けた。

ハンドルはどうしてたか覚えてない。

サイドは引いたまま。前輪後輪ともに制動されているので(?)

なんとか止まった。それも奇跡的だった。

車は傷一つなく、電柱の真横で止まった。

それより右に寄っていたら田んぼに横転していた。

もし田んぼに落ちたらどうなっていたか…

フロントガラスは割れ、車はさかさま、スピードも失っているため

エアバックが作動するかも怪しい??とにかくJAF行きでお釈迦で

身内ネット共にたたかれたに違いない。考えただけでも恐ろしい。

楽しみな部品交換だって目前に控えているのに、

そんなしくじりをしてはあまりにも悔しいし、

滑稽すぎる。自損事故で。知識がないために勝手に事故。

なんて哀れなんだろう。そうならなくてよかった。

でも、何より許せなかったのが、スピンしたときや

スタック、スリップ、とにかく滑った時に

対処する力は自分にあると思っていたから。

なのに実際そんな場面に直面した途端に

テンパってた。どうしたら元に戻るかいいかわからない。

たぶんそれを考えているより前に対応しなければいけなかったのだろう。

あまりにもスピードが出すぎていたからか、それとも瞬発力が

なさすぎたのか、どちらかはわからない。

でも、本当に一瞬の出来事だった。気づいたら景色が

早くグルグル流れていた。死ぬかと思った。

スピンした直後、そんな状況に対応できなかった

自分に対して悔しさでいっぱいだった。

自分の大切な車を、クラッシュ直前までの状況で守ってあげられなかった。

そんな自分の愚かさに腹立たしくなった。どうしても許せなかった。

これで教訓になった。

これからはアホな運転をしないと心に決めた。

雨の日はスピードをださない、次は命はないと思ったほうがいい。

もう二度とアホなことはするもんじゃない、おれ。