退屈人生の野放図生活

退屈人生の野放図生活

高卒就活で2社であきらめたボッチフリーター(2年目)のマツロ??

趣味意見好み全て合致する友人こそ親友?

好きなことや好み、趣味や意見がすべて合致して

気が合うような友人こそ本当の親友なんだろうか?

だとしたら自分には親友などいないし、友達は少ないけれど

今のところ趣味や好きなことで気が合う友人など一人もいなく、

こちらが少し合わせているか、ナチュラルに本当に好きな

事の話題で盛り上がれる友人ってのが一人もいない。

 

やっぱり意見が少しでも食い違うと良い気分ではないし、

俺が好きな物を、放っておけばいいのに、いちいち「嫌い」

とか、「ダサい」とか、「キモい」とか言ったりする人も

本当に嫌いだし、本当ならそんなこと言う人とは関わりを断つべき

なんだろうけどそれだけが嫌なところなら自分の基準では

それだけで関わりを断つ理由には直結しない。だけども本当は

それに対してこちらこそが、”放っておく”ってことが一番の

大人っぽい対応なんだなぁ、と思ったりしてることもあります。

いちいち批判や否定に食いついてる所は本当にガキっぽいし、

上っ面だけで本当に思ってもいないのに「市ね!」って言われたのに

マジになってキレてる小学生と変わらないなぁ、とつくづくおもいます。

本当なら趣味や好みが一つも合致しない友人なんて全員

絶好するべきなんだろうけど、それをしてしまったら

友人なんて一人もいなくなってしまうし、だから

心のどこかで惰性(惰性ではないんだけど)的な意味で

付き合ってるだけのような気がしてる。

そう考えると思うのが、本当に、趣味意見好み合致する

人間なんているのか?と思う、異性だと一線を超えそうなので同性で。

実際そんな人いたら本当に楽しんだろうし、というか

全て合致してなくても一つでも意見が合う友人が居れば

それはそれで趣味の相違があっても楽しいんじゃないかなぁと思う

意見が合う友人なんて今までいなかったのでそんな人実在するのかも

よくわかりませんがでも、結局のところ、趣味とか好み、

まぁ意見はその人の思うところだから除外するけど、

趣味とか好みとかだけなら合わない、ってのはただ単純に

俺の視野が狭いだけな気もして、それは自分がちょっと努力をすれば

ちょっとでも改善できるような気がして、でも

趣味や好みが合う友人を見つけるためにそこまで努力する

必要はあるのか??みたいな哲学的なよくわからないことも

考え始めてしまったので以上にします。

とりあえず、今俺と関わってくれている友人は一体

どんな理由でわざわざかかわってくれているのか、一人ひとり問い詰めたいです。

意見も好みも趣味もやってるゲームも全く違うのになぜ、

人間としてかかわるのか聞いてみたい。俺が関わる理由は、

相手が関わってくれるからっていう理由だけで関わっています。

↑みたいなクズな理由だから、俺は今友人が少ないのかもしれない。

中学生の頃の友人で今も話す人なんて一人もいないし、

今はなす人は大体小学生の頃からの友人か

もしくは高校生で初めて友人になったような人です

以上

やっぱり出かける時は一人が1番いい??

他人と出かけると、話す機会が増えるし8割だいたい

一緒に出掛けてる人と話してるから、その分俺の

性格の悪いところが表に出やすい。

無意識に出てしまうので自分自身も良い気分には

なれず、なーんというかどこかもやもやした気持ちが

ずっと残ったままその日をそのあと過ごさなきゃいけなくなる

自分でもよくわからんけど無駄に変なプライドみたいなのがあるから

運転中に何かすこしでも指摘された場合間違いということを自分で

理解していたとしても何故かものすごくムカついてしまう。

これこそ悪い癖なんだけど直すんだけどなぜかすごく嫌だ。嫌な気持ちにしかならない。

これって出かける時に限らずいつの自分にも共通することで、

他人に自分の好きな物を否定されたときにはなぜか自分自身

否定された気がしてしまいものすごく憤りを感じてしまったり

自分のことを常識的な観点で見た間違いを否定されたり

指摘、注意されてもやっぱりどうしてか毎回気に食わないし

素直にその間違いを正そうとしない。先輩や年上の

人から注意指摘されたら素直に直すけど自分より年下や、

同年代の人に言われたときはなぜか憤る。直さなきゃいけない悪いクセ

夢を見た、

ハロワに行った、行ってた、行った後だった

行きたいけどまだ行けてないし登録書みたいなのを無くした

そしていつも遊びに出かける友人とラーメン屋でチャーハンを食ってた

コンプレックスの多い人生

今は気にするようなこともないし高校に入った時点で

すごく気になってたことも全く気にならなくなったりしたけど

コンプレックスが多い人生を歩んできたから変な人間に育ったんだなぁ、

としみじみ思った

多少の努力で何とかなるものは除外してます。。。

例えば左利き(教わった祖父が両利きだったため。3歳くらいからでこれが自然だとおもってました)、早生まれ、今で言うキラキラネーム、地元では珍しい苗字、汗っかき(恐らく自律神経失調症←消防のときから今の今まで汗っかきのため恐らく)

だったりとかです、、、いま気になってしまうことは汗っかきくらいですけどね。

自分は苗字も地元ではあまりなく名前以前にそっちで驚かれることが多かったり、

今まで名前より苗字で呼ばれることも多かったため名前変えてもいいかなぁ、と少し思ってもいます。

社会に出てからもし不便なことがあったら正当な理由にもなりますし、おそらく変えます。

お金を貯められない性質

死ねよお金を貯められない体質とか思いながら

アマゾンからクレジットカードの情報を削除。

でもまたそのうち入れてしまうんだろうな。

本当にお金の使い方がへたくそな人間です。

言われる よく よく

よく言われる

「就職難なら、一年以上バイトしてるんだし

アルバイト先の会社に就職したら?」

もちろん、自分でもそれは考えたことがあるし

店長にも話したことはある。

もし本当にやるつもりならコネを使ってものすごく簡単に入ることはできる。

らしい。しかも中途にしては給料がまぁまぁ多い。高卒フリーターの俺から

したらかなりうれしい。だけど、だけどもだ。

今アルバイトを続けていられるのって、今やっている

仕事が好きで続けているわけではない。むしろ嫌い。

いつも帰りたい。さぼりたい。けどお金をもらっている立場なので

その分ははたかなきゃいけないので働いている。

じゃあなぜ続けてられるか?

それは、バイト先の人間関係を大切にしたいから、楽しいからです。

店長や、先輩や、後輩や、雑談を交わしながら

一緒に仕事をするのが好きなだけなんだな。

だから、今のバイト先に就職する気なんてさらさらないです。

こんな考え方を取っ払ってその気になってやれば

出来るんだろう。今バイトでできているから少しは役に立つだろう、

アルバイトでの経験は…

でも今仕事できてるのって、今の店舗で、あくまで

今の社員のやり方に慣れてできているだけで

仕事が得意なわけでもない。

就職してもしすごい遠くに飛ばされでもしたら

本当に嫌な仕事だけやらなきゃいけないことになって

それこそ嫌でやめてしまうかもしれない。

他の店舗で今みたいに人間関係を確立すればいいかと

思う人がいるかもしれないけど、自分はかなりの

コミュニケーション障害なので、それをできる自信がない。

今の人間関係だって自分から切り開いたものでもないと自分では

感じているので、今のような人間関係を確立できる気がないのだ。

だからバイト先には就職できない。したいとも思わない。

バイト先の会社に就職しないと死んでしまうのだとしたらなら就職してもいい。

webnokusoyaroのラジオやアルバムを聴いて

webnokusoyaroのラジオやアルバムによって

うぇぶくそを人間として知って、

感動もしてるし尊敬もしている、

言葉選びのボキャブラリーセンスや、

発想、わけのわからないパワーワードなど

うぇぶくそがラップによって選んでいく言葉

がとにかく何もかも好きで、

ラジオではラップについて思ってることを

本人が喋って解説しているのを聴けて、

パーソナリティがうぇぶくそを分析して

話すんだけどそれがアルバムを聴いた後聞いてみると

ものすごいあぁ~と納得できるしうぇぶくそ自身も

それを肯定していたりして、どんなんかというと

そんなもん、こんなもん、薄っぺらすぎるだろそれでもプロなの?

みたいな、現代のメジャーアーティスト(全員ではないですが)に対する考え方、

今まで自分はそんな考え方はしておらず成功してる人は

成功してる人で良いと思ってたつまり表面しかみてなくて

でもうぇぶくそは中身を見透かしていて、(それはメジャーに立つまでの努力とかそういうことではなくてメジャーである今現状でのやってる音楽の内容が無さ過ぎる、だったりただのあるあるネタジャネーカみたいな、そんな感じ。)

それを歌にしていたりしてた。それは2ndアルバムの

後半によく表れてるんだけどシリアスだったり、淡々と呟く様子から

読み取れる哀愁、そしてベストマッチなトラック…

うぇぶくそはうぇぶくそで自信の自虐が多いけども、

それはただネガティブなだけじゃなくて単なる分析上手な人間、

ていうのも自分自身だけじゃなく他人や世間に対する分析も

うまくできているから、こう感じるんだと思う。

 

アルバムを通して5回以上聞いているけどそれからラジオを聴いたら

ものすごく感銘を受けた。アーティストや世の中の事に対して

人間としての観点ですごい俺と違う見方をしていて、それをラップとして

ストレートに、本当にわかりやすく見ることができて、

webnokusoyaroは本当に真っ直ぐだし、自分のやりたいことを

やってる。言葉を借りるようだけど胸を張ってやれている。

俺は今まで胸を張って本気で、まじめに、堂々と、物事に取り組んだことがなく

何かをしても他人から貶される気がして、つい小さくなってしまう。

だけどうぇぶくそはそんなことなくてラップをすごい

堂々としていて、俺はそのやり方を参考にしたいと思った。

まだ堂々とやりたいと決めれるものは見つけられていないけど、

webnokusoyaroをリスペクトしたい。

ラジオで言っていた、

少しでもやろうと思ったら実行 を俺もやってみようと思う。

俺は器用貧乏でもないしとびぬけたトラックやリリックのセンスもないんだけど、

そのうぇぶくその姿勢にはすごい感動をした。

今までネット上のアーティストや好きなバンドのメンバー、

音楽をやってる人のパフォーマンスを見てカッコイイ、

良いな~と思って人物を好きになったことはあった。

でもたぶんそれって女子がジャニーズみたいなアイドルを

初めて見た時に好きになる時と同じような類の、あくまで

アーティストとしての、パフォーマンスをしてる時の、"好き"で、

俺は今までそれでしかバンドのメンバーなどを好きになったことはなかった。

だけどうぇぶくそは人間として、うぇぶくそ自身の考え方をラップによって

何度も言うようだけどストレートでバカな俺でもわかりやすくつらつら

話すから、その考え方、人間性、生き方を見て好きになった。

今までミュージシャンを好きになってその人の人間性を知ることは

もちろんあったけど、その人間性まで好きになることはなかった。

あくまで知っていただけで、ふ~ん、そういう個性もあるんだ

程度の感覚

でもうぇぶくそは違ってその考え方を参考にしたいし尊敬するし

何というか俺にはない価値観や物事の味方を持っていて単純にすごいと思った。

後、自分の人生や思っていることを皆ラップでアウトプットしてしまうことに驚愕している。

 

っていうだけ、以上!

もし2ndアルバムを通して聞いだけどラジオは聞いてない、という人はぜひ聞いてみてください。

配信後記#376/【ゲスト】webnokusoyaroさん | radioDTM