退屈人生の野放図生活

退屈人生の野放図生活

2年とちょっとのフリーター生活を経て軟弱社会人(親の会社)へ。 日記雑記、どうでもいいこと

異性や恋愛の話を初めて親に打ち明けられたってだけの話

タイトルとおりです。最近、母親と車の中で会話することが多くなってきて

今まで言ってなかったこととか色々と打ち明けたりしてた中で、

今まで身内に一切話しをしていなかった恋愛や異性の話。

自分から切り出して初めてできました。なにせ、

なにせ高校2年くらいになるまで異性を気にすることとか

恋愛にそもそも興味がなかった自分。自然とその話題をすることも

ありませんでした。おまけに親との会話はだいたい

親が受動的になりこっちから話題を振らないとあまり

会話が始まったり擦ることがないので余計にでした。

 

自分から打ちあけた話。彼女がほしいと思っていたことが

あったという話。言うまで勇気が必要だったし今でも

その話をするときは心がふわふわしててなんともいえない

羞恥心もまざったようななんとも言えない感情になるけど

話が出来てよかった。十数年間言っていなかったことを

打ち明けられたのでものすごい肩の荷が下りその後は

めちゃくちゃスッキリした気分で就寝することができました。

ちなみに母親は驚いていた&安心していた。

興味があったんだと驚いた反応をされたけどそれはそれは

真面目に話を聞いてくれてよかった。個々で言ったこと

あるかわからないけど高校時代意中の人がいた事とか

その時の話を色々出来てよかった。

その後親父にも勢いでさらっと高校時代好きな子のことを話した。

その子のお父さんと面識がありましたので。

そんなだけの話です。ありがとうございました。

 

以上