退屈人生の野放図生活

退屈人生の野放図生活

2年とちょっとのフリーター生活を経て軟弱社会人(親の会社)へ。

今後についてかんがえる

眠れないのでこんな記事を。

本日、バイト先の店長とこんな話をした。

「恥ずかしくて言えないのですが、

俺にはとある一つの夢があって、

その夢への小さな第一歩として、

まずは親の経営する会社で正社員に

なろうと思います。」

それは偶然のことだった。売り場の商品を

補充している最中パッと急に思いついたことで、

そこまで深く考えずに口にしたことである。

もちろん発言に責任は感じているし、発言した以上

実行しなければならない。それどころか、

後戻りできなくするために他人に発言したのかもしれない。

無意識に。まぁそこについてはよくわからないのだが、

とにかく決めたことだ。といっても夢自体その場で思いついたことではない。

前から構想は練っていた。今後の人生について。

無理かもしれない、でもやればできるんだ。ある意味、自由である以上。

その夢のため、1年は貯金と知識をつけなければならない。もしかしたら

2年かかるかもしれない。その間のつなぎとして、親の会社で

働くことを選んだのだ。バイトしたままでも構わない、でも

これではダメだと思った。なにより親の会社を選んだ一番の決め手は、

フリーターを脱却できること。規則正しい決められた生活を送れること。

そして、バイト先の状況に合わせて融通が効く。せめてこの日までは

働いてほしい、という日まで働ける。

就職することの意味で給料なんて二の次だ。

俺は1から考え直した。社会保険や、今の自分の立場、身の回りの

自分と同じ世代の若者、世間体。いろいろ考えた。

変えなきゃいけない、そう思った。今のバイト先は

働き始めて早2年経つので、もはや寂しさだってある。

情なんて1年を越した時点で湧いている。そこにいることに苦はない。

むしろ、楽しい。やりがいを感じる。こんなことを言った以上、

軽い言動は許されない。その話をして家に帰り、親に直ぐ話した。

了解は得た。あとは伝えるだけだ。4月いっぱい。あと5月ちょっと。

それだけの期間バイトを続けることが決まった。夢までは遠い。とても遠い。

実際近づくわけではないのだけど、4月に物理的にその夢に近づく。

すぐ離れてしまうんだけど、すごく実感すると思う。壁の高さ、

重み、難易度の高さ。でもそれに伴ってやる気も出てくると思う。

俺は昨日車のパーツ取り付けを自分で調べて取り付けて失敗したけど

解決して成功して、こんなことを思った。やっぱり自分次第だ。

自分がどう動くかで結果がかわる。動かにゃかわらん。当たり前だ。

挑戦することが簡単であろうが難しくあろうが、そんなの関係ない。

挑戦する、失敗する、また挑戦する、成功する。この達成感には

他に比較することのできない喜びがある。その先に何があるかはわからない。

夢をかなえたところでさらに先の夢を見据えているので成功するかもわからない。

不安だってある。でもそんな不安も乗り越えていかなきゃ大人にはなれないし、

1人前とは言えない。人の発言には力がある。人を動かし、自分も動かすそんな

強い力がある。どうにだってある。時間はたっぷりある。

バイト先の店長は本当にさみしがって残念がっていたけど、俺だって少し切ない。

楽しかったしたくさんいい経験をさせてもらった。後輩に仕事を教える難しさや

たくさんものを売るための知識に工夫、なんにもなかったような

一般人からしたらクソみたいな空白の2年間に見えるかもしれないけど

ちっちゃいけどいろいろなことに気づかされた。コミュ障だって少し改善した。

自分でも実感している。そんな空間、環境、人たちと別れなきゃいけない。

これはすごいさみしくてせつなくてかなしいことだ。でもやっぱり変えなきゃいけない。

現状維持は逃げ、そんなことを身内のだれかが言っていた。まさにそうかもしれない。

今のままでも生きていけるんだけど、絶対あとから後悔する。そう思った夜だった。

 

そして一人になることについて。すごく不安だ。先輩に感化されて好きなことの

知識を深めたこともある。でもそれは連絡の取り方次第でなんとかなるだろう。

誰しも物理的に離れてしまってもいつでも連絡は取りあえる。日程さえ合えば、

なんとかなるものだ。

 

5月に、正社員として働くことが決まりました。今までのアルバイト生活、まあまあ有意義な時間をすごせました。よろしくお願いします。

                  以上