退屈人生の野放図生活

退屈人生の野放図生活

2年とちょっとのフリーター生活を経て軟弱社会人(親の会社)へ。

教科書

学生時代には必須となってくる、教科書。

新しいことを自分に教えてくれる教科書。

俺は高校時代ぞんざいに扱いすぎていたのを

思い出してやり直したいととても後悔した

 

もっと思い返してみると小学校時代、

「おれは教科書に落書きしちゃうぜうへへへへスゲーだろ」と痛い奴だったのが原因だ。

この頃から教科書のありがたみや大切さを無駄にしていた

そのせいで高校時代教科書を忘れたとしても一切気にすることなく借りることもしなくなってしまったアホ。

教科書なしで勉強できるかって 

成績は悪くてもせめて教科書は大事に扱う人間でいたかった

もっと勉強に鈍感でない人間でいたかった…とまだ形にならない夢を追いながら思った