退屈人生の野放図生活

退屈人生の野放図生活

2年とちょっとのフリーター生活を経て軟弱社会人(親の会社)へ。

人生で最初で最後の成人式に行ってきました

昨日、成人式と同窓会に行ってきました。

正直行きたくはありませんでしたが、

直前になっていくことを決めました。

同窓会もいかないと連絡を幹事の人に

入れてしまっていたのですが旧友に来なよ!と言われて

急に行くことに決めました。

 

行きたくなかった理由は、中学の頃より太っている、

あまり仲良くない状態で卒業してった友達もいる、

仲良かったけど疎遠になった、太ってていじめられないか不安、

などです。

たぶん中学の頃の自分だったらこんな心配はしなかったんだけど、

高校の時にクラスメイトからイジメを受けて(今は卒業したので癒えていますが)

一度軽い人間不信みたいになってしまったことがあって、

今は回復しているけどやっぱりどこかでからかわれているんではないか

みたいな、そんな不安が付きまとっていたからです。

でもなぜ結局成人式に行ったかというのは、中でも今も仲が良い友達と

一緒に行けば不安なんて吹き飛ぶ…ということを信じて行きました。

もう二度とない経験だしね。

でもやっぱり陰キャラと根暗と変な感情が重なって

仲の良い友達以外なるべく話しかけないように

常にゴミのような目をしながら成人式は終えました。

でも終わった後、会場からでると中学のころは

仲良くしてくれた友人や、少し嫌いだった友人なども

普通に友好的に接してくれてうれしかった。

そのこともあって同窓会にも参加しようと思いました。

でも同窓会は挨拶してなかった友達とあいさつするくらいで、

車で向かったので酒は飲めないし直前に少しご飯を

食べてしまったのであまり飯も食えないしで正直会事態は

楽しくなかったのですが、終わってみるとなんだかんだ

楽しかったような気がしてきます。笑

なんだか、中学のころの友人と5年ぶりにさいかいして、

同窓会では自分の中学の知ってる顔のひとだけが詰め込まれた会場で、

スゴク不思議な感覚でした。自分がもう少し昔みたいに明るくて

コミュニケーション能力が高くてあといくつかコンプレックスが

なければ、もっと楽しめたかなぁと思います。挨拶はあっちから

してくれても、こっちから積極的に話しかけるのはやはり

躊躇いがありますね。やっぱりスゴイイケイケイな男子とか、

あとは女子全員とか、少し昔は険悪だった仲の友人とか、

めちゃくちゃ見た目が変わった友人とか、すぐには慣れず

話しかけづらいものがありましたね。

 

そんな成人式でした。以上