退屈人生の野放図生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈人生の野放図生活

少なくとも一年はフリーターを続けることにしたので、暇な日常に少しでも刺激を、と色々な暇つぶしを記録します。日記、やってみたこと、計画等々。

いとも容易く真っ赤なそれは流れ出る

日記
目が覚める。起きた瞬間に気づく、やべー
風呂はいってねぇ!やらかした…

昨日夜21時、バイトが終わって帰宅した後
pcでお絵かき練習をしていたのは覚えている。
椅子に座り作業しながら、隣の部屋からは母親の電話の話し声が聞こえてくる。
会話の内容は全く気にせずボーッと、音として聞いてると
かなり意識がもうろうとしてきた所までは覚えている。
その後寝ちまったのか……とプチ後悔しながら風呂にはいる準備をした。
風呂で身体を洗っていると、この間チャリで怪我した左肘の瘡蓋の
周辺がかゆいことにきづく。垢擦りでたくさん立てた泡にまみれた肘を、
つい垢擦りで掻いてしまう。「痛っ!」ちょっと怪我にかすってしまった気がした。
気にせず身体を洗っていると、なんだか左肘が少し痛むし、鉄臭い臭いがする。
すると赤色に染まった泡が身体に付着してるのに気づく、
まさか!と思ったらそのまさかで、左肘からは真紅の血液が流れ出ていた。
こんなに簡単に、容易に血がでてしまうなんて想像もしていなかった……。

その赤い泡を洗い流した後、風呂をでたらティッシュで処理するのでした。