退屈人生の野放図生活

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈人生の野放図生活

少なくとも一年はフリーターを続けることにしたので、暇な日常に少しでも刺激を、と色々な暇つぶしを記録します。日記、やってみたこと、計画等々。

高校生時代欲しかったものを、遂に購入してしまった。

日記
私には高校生の時からずっと欲しいと
思っていたが中々手が出せず、
何度か購入を躊躇っていたものがある。
物凄い欲しかったわけではないが
そこに在ると便利なものであった。
それを昨日購入した。少し、心の中で
感動していた。コンビニでこれを見つけた時、
手に取ったとき、袋詰めしてもらったとき。
内心とことん興奮していた。

なんとそれは……………これである。

f:id:unibirth1:20160601030620j:image
そう。天下の詰め替え式ウェットティッシュである。
(写真が横になってしまったが勘弁😣)

実は私は、ウェットティッシュ大好き人間なのである。
なぜかと言うと、ポケットティッシュのように手軽に持ち運びができ、普通のティッシュでは拭き取ることのできない汚れを落とすことができるからである。手についてしまった油汚れやこぼしてしまったチョコレート、又はソース類など、もともと染み込んでるアルコール成分が除菌と共に頑固な汚れを落としてくれるのだ。これは本当に素晴らしい。場合によっては臭いも落とす。


それに加え、この詰め替え式のタイプでは持ち運びできる手軽さこそ無いが、なんと大半のものが大容量であり、中身を使い切ってしまうと詰め替えればまた使える。それと、容器をプラスチック製で蓋の付いているものにすることで、お手軽タイプの小さなウェットティッシュであった長期間使わないでいると乾燥してしまうと言う欠点を克服している。しかも取りだし口も、カチッと閉まるようになっているのでお手軽タイプにあった開け口の粘着が弱くなると言うこともなく、取りだし安くなっている。プラスチック製の容器にすることによって詰め替えできること、乾きにくくなること、取りだしやすくなることの3つのメリットを得ているのだ。これは革命だ。発想の勝利だ。開発したのは日本であるのかは定かではないが。詰め替え式ウェットティッシュに秘められているポテンシャルは半端ない。最初買うときは少し高く私が買うのを躊躇っていた理由のひとつでもあるが一度買ってしまえばこっちのものだ。人生勝利、今後生きることにおいて困ることがないのである。とても素晴らしい商品である。



と、詰め替え式ウェットティッシュ
過大評価しましたが(笑)
私が詰め替え式を愛すのは変わりません!